激安かつらで気になる頭皮をカバー|コンプレックス解消します

育毛

気になる女性の薄毛

女性特有の薄毛について

女性の特有の薄毛や脱毛症は、出産後に抜け毛が大量に増えてしまう産後脱毛があります。これは妊娠中は女性ホルモンが活発に分泌しているため、抜け毛はピタッととまっていたのですが、出産を終えると妊娠中に過剰に分泌していた女性ホルモンがホルモンバランスを急激に元に戻そうとはたらくため、その影響により抜け毛が増えてしまい薄毛となってしまうのです。ただしこれは、出産を経験した方であれば誰にでも起こることなのです。抜け毛が増えてしまう期間は半年から長くて1年程度になります。一向に抜け毛が減らないといった場合にはお医者さんに診てもらうことです。ホルモンチェックをしてもらったり、産後用の育毛シャンプーもあるので改善させることができます。

ホルモンバランスの乱れから

女性の中で増えているのがAGAによる脱毛です。AGAとは男性型脱毛症のことなのであまり関係ないように思えますが、特に更年期を超えた女性になると若い時のように発毛促進させる女性ホルモンの分泌が活発ではなくなり、分泌量が少なくなって相対的に男性ホルモンのほうが分泌量が多くなってしまうことからホルモンバランスの乱れにより薄毛が進行していくのです。男性ホルモンの働きを抑制する薬はプロペシアがあります。しかし、これは男性専用のAGA治療薬なので女性の方には使うことができない薬なのです。そのため治療には外用薬の治療しかできなかったのですが、最近パントガールという薬が開発されて脱毛阻止と発毛促進に効果があり薄毛を改善させることができます。